最初に覚えておきたい不妊についてのお役立ち情報をお届けしています。
<美容関連情報>働きながら不妊の治療は可能

<美容関連情報>働きながら不妊の治療は可能



<美容関連情報>働きながら不妊の治療は可能ブログ:2018-3-08


ダイエットは、
体重が減ればいいというものではありませんが、
やっぱり気になりますよね。

体重は体全体の重さを表す数字なので、
正確に、やせたか太ったかの判断はできないですが、
目安として把握しておくことは大事!

「怖くて体重計に乗れない!」と思い始めたら…
すでに太っている証拠。

その後もずっと体重計に乗らなければ、
自分が太ってしまっていることを把握できないため、
脂肪の増加は、簡単には止められないのです。

そうならないためにも、
体重計には、定期的に乗ることが大事なんですね。

とはいえ、24時間に何度も体重計に乗る必要はありません。

ダイエット中って、
24時間に何度も体重に乗りたくなったりしませんか?

でも、それはダメ!
かえってストレスをためることもありますよ。

24時間1回「同じ時間、同じ服装、同じ体重計」でチェックしましょう。
例えば…
「7時起きてトイレに行った後」
「20時お風呂に入った後」
などがおすすめです。

ダイエットにおける重要なチェックポイントは、
「体脂肪率」です。

読者様も知ってると思いますが、
「肥満=体重全体の重さのうち、脂肪の重さの割合が多い状態」なので、
太っているかやせているかを正確に判断するためには、
「体脂肪率」を計ることが重要なのです。

ちなみに、女性の場合、20~25%の体脂肪率であれば、適正な範囲です。
これよりも多ければ、やはりダイエットが必要でしょう。

ただし、体脂肪率は体重とは違って、
連日測っても、あまり意味がありません。
7日間に1回、または14日間に1回くらいのペースで、
増えているか、減っているかをチェックするのがいいようです。

え?もう時間だ。やべ、仕事行ってきます~
<美容関連情報>働きながら不妊の治療は可能

<美容関連情報>働きながら不妊の治療は可能

★メニュー

<美容関連情報>美容整形を受けるメリット!二重手術の確実性は高い!
<美容関連情報>働きながら不妊の治療は可能
<美容関連情報>安心安全の脂肪吸引におすすめの大阪の美容外科
<美容関連情報>美容クリニックで今男性に人気のひげの脱毛
<美容関連情報>理想的な形を作れる顎の整形術
<美容関連情報>ワキガの治療してコンプレックス解消
<美容関連情報>審美歯科は歯の美しさを求めている人に人気
<美容関連情報>皮膚の若返りを実現するシミレーザー
<美容関連情報>アンチエンジングなら輪郭に対してのフェイスリフト
<美容関連情報>早期発見と治療が必要な下肢静脈瘤


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)すぐに悩みを解決するお役立ち美容整形情報