最初に覚えておきたい不妊についてのお役立ち情報をお届けしています。
<美容関連情報>働きながら不妊の治療は可能

<美容関連情報>働きながら不妊の治療は可能



<美容関連情報>働きながら不妊の治療は可能ブログ:2018-5-06


減量を頑張っていても
どうしても我慢できないのがおかし。

確かに減量中は、
おかしを食べないのが一番いいんですが
全ての人がそんなに我慢強いとは限りません。

食べたくて食べたくて仕方ない人もいますよね?

そういう人は
我慢しすぎるとかえってストレスが溜まり、
急激な過食・大食いに走る可能性があります。

ですから被害を最小限に抑える意味でも、
減量を食べたくなったら食べちゃいましょう!
そのほうが減量に成功すると思います。

でも、いくつか条件があります。

まず、
いくらおかしOKといっても、
日々はさすがにNG!

基本は
どうしても我慢できなくなったときだけです。
それを踏まえると7日間に一度、
駄目ならみっかに一度ぐらいが
目安となるでしょう。

日々、食べたものをチェックしていけば、
前にいつおかしを食べたのかわかりますよね。

また、
真夜中に食べる事するほうが太りやすいですよね?
当然おかしも
真夜中に食べたほうが脂肪になりやすいわけです。

ですから
どうしてもおかしを食べたくなり、食べることになっても
真夜中には絶対食べないでくださいね。
ベストは三時ぐらいまでに食べるのがいいでしょう。

そして、おかしの量についてですが、
せいぜいチーズケーキ一つ(約500カロリー)ぐらいですね。

コーラにポテチ、チョコ…なんて
まとめ食いしたらあっという間に
1000キロカロリーをオーバーしますよ!

和菓子が好きなら
その方が少し量を食べられるかも知れません。
洋菓子や揚げ物はやはりカロリーが高いですからね…

質より量!なんて思うんでしたら
食べるおかしの種類も考えてみると良いかも知れませんね。


<美容関連情報>働きながら不妊の治療は可能

<美容関連情報>働きながら不妊の治療は可能

★メニュー

<美容関連情報>美容整形を受けるメリット!二重手術の確実性は高い!
<美容関連情報>働きながら不妊の治療は可能
<美容関連情報>安心安全の脂肪吸引におすすめの大阪の美容外科
<美容関連情報>美容クリニックで今男性に人気のひげの脱毛
<美容関連情報>理想的な形を作れる顎の整形術
<美容関連情報>ワキガの治療してコンプレックス解消
<美容関連情報>審美歯科は歯の美しさを求めている人に人気
<美容関連情報>皮膚の若返りを実現するシミレーザー
<美容関連情報>アンチエンジングなら輪郭に対してのフェイスリフト
<美容関連情報>早期発見と治療が必要な下肢静脈瘤


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)すぐに悩みを解決するお役立ち美容整形情報