下肢静脈瘤のお役立ち情報をこのメニューでご案内しています。
<美容関連情報>早期発見と治療が必要な下肢静脈瘤

<美容関連情報>早期発見と治療が必要な下肢静脈瘤



<美容関連情報>早期発見と治療が必要な下肢静脈瘤ブログ:2015-9-03


朝!って感じの朝ですー

最近、減量をする時に、
炭水化物を天敵とする傾向が強くなっているような気がします。

炭水化物は消費されないと
体脂肪という形で貯蔵をされてしまうということが
知られるようになってから、
その傾向が強くなっていると思うんです。

確かに、過剰に炭水化物を摂取することは
減量の見地からみると逆効果につながりかねません。
でも、あくまでも「過剰に」摂取した場合なんですよね。

あたくしの周りにも、
「炭水化物抜き減量」をしている友人がいますが…
あたくしは、炭水化物を全く抜く減量というのは
危険だと思います。

その理由は、脳との関係にあります。

脳というのは、エネルギーを貯蔵することができません。
ですから、常に栄養分を供給する必要があります。

脳というのは特殊な組織で、
ブドウ糖でないとエネルギー源として使うことはできないそうです。
ブドウ糖というのは、炭水化物を分解したときにできるものですから、
炭水化物を食事から極端に減らすことは、
脳にとって危機につながりかねないのです。

実際、
食事から炭水化物を極端になくしてしまうと、
頭がボーっとすることがあるといわれています。

頭がうまく回転しないのは、
炭水化物の供給が減ったことで、
脳が栄養不足を起こしている可能性があるんですよね。

どうしても、体脂肪が気になるという人は、
13時間、活動する時間帯に炭水化物を摂取するようにしましょう。

炭水化物は、すぐエネルギー源として活用されます。
なので、活動的な13時間に食べても、
すぐに消費される可能性が高いです。

減量も大事ですけど、
からだや脳の健康の方がもっと大事なんじゃないでしょうか?

フンガフフ
<美容関連情報>早期発見と治療が必要な下肢静脈瘤

<美容関連情報>早期発見と治療が必要な下肢静脈瘤

★メニュー

<美容関連情報>美容整形を受けるメリット!二重手術の確実性は高い!
<美容関連情報>働きながら不妊の治療は可能
<美容関連情報>安心安全の脂肪吸引におすすめの大阪の美容外科
<美容関連情報>美容クリニックで今男性に人気のひげの脱毛
<美容関連情報>理想的な形を作れる顎の整形術
<美容関連情報>ワキガの治療してコンプレックス解消
<美容関連情報>審美歯科は歯の美しさを求めている人に人気
<美容関連情報>皮膚の若返りを実現するシミレーザー
<美容関連情報>アンチエンジングなら輪郭に対してのフェイスリフト
<美容関連情報>早期発見と治療が必要な下肢静脈瘤


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)すぐに悩みを解決するお役立ち美容整形情報