このコンテンツでは若返りについての情報をお届けしています。
<美容関連情報>皮膚の若返りを実現するシミレーザー

<美容関連情報>皮膚の若返りを実現するシミレーザー



<美容関連情報>皮膚の若返りを実現するシミレーザーブログ:2014-9-02


皆さん、ぐっどいぶにんぐー

昔は、身長から110を引いた数値が、理想の体重と言われていましたが、
これは美容体重であり、あまり健康的な数値ではないと指摘されています。

現在でも、この美容体重を目標に
減量するようなエステもあるようですが、
健康的な体重が算出できるのはBMIという方法です。

「BMI=体重kg÷身長m×身長m」で、22が理想の体重になります。

ただ、美容体重よりも重くても標準や、痩せぎみと判断されるので、
減量している人の目標体重と思われがちですが、
体重と身長だけで判断するのは早計だと言えます。

現在、体重計を使って、
減量を行っている方がほとんどだと思いますが、
体重ほど当てにならないものはないんですよね。

一流のアスリートは引き締まった美しいからだですが、
体重を調べると、想像よりも重い場合が多いのです。

逆に体重が軽く、スリムなからだのモデルさんが、
内臓などに脂肪が多くついていて、
いわゆる「隠れ肥満」に陥っていることも珍しくありません。

体重の数値より重要なのは、からだの脂肪と筋肉の割合なのです。

痩せて引き締まったからだは美しいですが、
筋肉がなくて細いからだは病的ですので、肥満度は体重が決めるのではなく、
脂肪の割合が決めるのだと意識しましょう。

減量とは、本来、健康上の問題で体重を減らし、
脂肪の割合を減らすのが最大の目標です。

しかし、全く健康なのに、痩せたからだを手に入れたくて
減量を行っているのですから、
健康的で美しいからだにする為に、
脂肪率と骨格筋量も計測できる体重計を使いましょう。

―地球滅亡まであと427日―

<美容関連情報>皮膚の若返りを実現するシミレーザー

<美容関連情報>皮膚の若返りを実現するシミレーザー

★メニュー

<美容関連情報>美容整形を受けるメリット!二重手術の確実性は高い!
<美容関連情報>働きながら不妊の治療は可能
<美容関連情報>安心安全の脂肪吸引におすすめの大阪の美容外科
<美容関連情報>美容クリニックで今男性に人気のひげの脱毛
<美容関連情報>理想的な形を作れる顎の整形術
<美容関連情報>ワキガの治療してコンプレックス解消
<美容関連情報>審美歯科は歯の美しさを求めている人に人気
<美容関連情報>皮膚の若返りを実現するシミレーザー
<美容関連情報>アンチエンジングなら輪郭に対してのフェイスリフト
<美容関連情報>早期発見と治療が必要な下肢静脈瘤


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)すぐに悩みを解決するお役立ち美容整形情報