<美容関連情報>早期発見と治療が必要な下肢静脈瘤

<美容関連情報>早期発見と治療が必要な下肢静脈瘤

痛み、体のだるさ、むくみ、かゆみ、こむら返りなどを誘発させたり、下肢静脈瘤というのは血管が膨らんでしまうこともあります。
このことから早期の治療をされることが大切で、日常生活に支障をきたすことの無いようにしましょう。
治療することなく放置しがちの方もいわゆる下肢静脈瘤は良性の病気の一つですので、多くいらっしゃいます。
早期発見、早期治療が重要であり、下腿色素沈着や潰瘍形成などといった重い症状に発展することもあるのです。

 

静脈瘤を両親が持っている場合には約90%、また片親が静脈瘤のケースでは45%の割合で発症してしまいます。
長時間の立ち仕事をされている方、さらに妊娠、出産などホルモンバランスが崩れた時などにも多く見られます。





オフィス移転
オフィス移転チェック
URL:http://www.zeroin.co.jp/


<美容関連情報>早期発見と治療が必要な下肢静脈瘤ブログ:2018-9-21

14時食を食べた後に、
睡魔がやってくることって往々にしてありますよね?

14時休み中についウトウト…なんて経験、
誰にでもあるんじゃないでしょうか?

一方でよく言われている格言があります。
「食べてスグ寝ると太る」という言葉、
皆さんも聞いたことありますよね?

なので、
14時休み中の睡眠はダイエットには逆効果だからと、
睡魔と闘っている人もいるかもしれませんね。

でも、本当にご飯の後の睡眠はいけないのでしょうか?

実は、短時間の睡眠であれば、
別に減量に大きな影響はないと言われているんですよ!

むしろ短時間、睡眠をとることによって、
頭がクリアになって午後の仕事がはかどるかもしれません。

ご飯の後の睡眠でいけないといわれているのは、
2時間を超えるような長時間の睡眠なんだそうです。

2時間以上の睡眠となってくると、
体は、消化の方に意識を集中させることが
できるようになってしまうみたいなんですよね。

また消化吸収を促すホルモンが本格的に分泌され、
働きだすともいわれています。

するとわしたちの体は、
14時食などで食べた物をより多く、効率よく吸収しようとします。
このため、脂肪がつきやすくなり、太る原因とされているのです。

ですから、特に日中、仕事をしている人というのは
むしろ14時寝したければ、無理して我慢しない方がいいわけです。

少しの時間なら、積極的に睡眠をとっても問題ないんです!

おそらく仕事している人は、
14時間、2時間以上の長時間の睡眠時間を確保することなんて、
無理ですもんね。


ホーム サイトマップ